阪友会ホームページ/酒井耳鼻咽喉科(大阪市城東区・関目) 、有賀耳鼻咽喉科(大阪市城東区・鴫野)
街のホームドクターとして、安心して治療をうけられるよう、ふれあいを大切にしています
HOME 酒井耳鼻咽喉科 有賀耳鼻咽喉科 診療案内 医療法人阪友会

     診療案内/のどの病気


  急性咽頭炎
■急性咽頭炎とは
一般に”のど風邪”と呼ばれているもので、咽頭炎だけのこともありますが、ほとんどは喉頭にも炎症が及んでいるため急性喉頭炎ともいえます。
原因はウイルスの感染や細菌感染が主ですが、鼻炎から発症することもあります。

■症状
のどの不快感、痛み、発赤、嚥下痛(えんげつう)など喉の症状に加えて、37~38度位の発熱、倦怠感(けんたいかん)などを伴います。

■治療方法
安静にして、ゆっくり休養することで回復します。
脱水症状を起こさないように十分な水分を摂り、喉に刺激を与えるようなものは避け、栄養のあるものを食べます。
薬物療法は消炎鎮痛剤や抗生物質のほかに、発熱が続くようであれば解熱剤を使用します。
喉の粘膜には免疫機構がありますが、乾燥するとその働きも低下し、感染しやすくなりますので、感染を防ぐ為にもうがい薬を使ってうがいを行い、部屋の保湿を行いましょう。


  慢性咽喉頭炎
■慢性咽喉頭炎とは
急性咽頭炎の状態が続いて慢性化することもありますが、ウイルス性というよりも、内外的因子の関与が強いようです。
鼻炎を起こして鼻水が喉に入り込んだり、タバコ、刺激性のガスなどからおこる場合と、食物アレルギーや糖尿病などから抵抗力が低下している場合にもおこります。

■症状
喉の不快感、喉の奥の発赤と腫れ、せき、喉のリンパの腫れに白苔が付くこともあります。

■治療方法
原因によって異なりますが、炎症をおこしている原因を取り除くことです。
他の疾患が原因であればその治療を行ったり、たばこなら禁煙します。喉の症状に対しては、うがい薬によるうがいや口内錠などを用います。


  急性扁桃炎
■急性扁桃炎とは
扁桃に細菌が感染し、炎症がおこるものです。
健康な時は細菌が存在しても、防御する働きがあるので感染しませんが、風邪をひいたり、過労で抵抗力が落ちると、免疫力が低下し炎症をおこします。
原因となる菌は溶連菌(ようれんきん)、黄色ブドウ球菌、肺炎菌などです。

■症状
39~40℃の高熱、悪寒、嚥下痛(えんげつう)、扁桃の発赤と腫れなどがあらわれます。
また、扁桃に黄白色の膿が付着していることもあり、炎症が広がると扁桃周囲炎を起こしたり、繰り返すと慢性扁桃をおこします。

■治療方法
喉の痛みが強く、食事や水分を摂りにくくなりますが、脱水症状をおこさないように水分は必ず摂取しなければいけません。
鎮痛剤や抗生物質を使用して、安静にしていれば、数日~1週間ほどで治まるでしょう。
しかし、溶連菌の場合はまだ残っていますので、薬の服用は完治するまでしばらく続けます。
扁桃炎を繰り返すようであれば、扁桃摘出術が必要です。


  少しでも気になったらすぐに相談して下さい。
上記の症状について気になる事や、「もしかして、私はこの病気かも知れない」と思った方は、念の為にお早めに相談される事をお勧めします。

一番の問題は「たぶん、大丈夫だろう」と放っておいてしまう事。
何も無ければそれが一番ですが、何かがあってからでは遅い場合があります。
何も無いと確認するだけでも意味はあります。

当院でもご相談を受け付けております。
お問合せは、各医院までどうぞ。




このページの先頭に戻ります